強力消臭剤・消臭衛生剤・万能洗剤・万能消臭剤・無臭消臭剤 衣類用・育児介護にも使える優しい消臭剤・ばね指 治療 通販

新しいもの開発のネットメロン有限会社 マジックカール

人間の嗅覚は哺乳類の中では劣っていると言われていますが、人間の嗅覚には様々な特徴があります。

人がにおいを感じるメカニズム

人がにおいを感じるメカニズム

人間の嗅覚細胞は約500万個あり、約3,000~10,000種類のにおいを認識することができます。

鼻の奥にある鼻腔の天井の部分には、嗅覚細胞である嗅覚器が存在しています。その細胞表面にある微絨毛(細い毛のような構造になった細胞)に、嗅覚受容体があります。

そこににおい物質が結びつくことによって、嗅覚細胞が活性化されて、においを感じる仕組みとなっているのです。嗅覚細胞が感知したにおいの情報は、電気信号に変換されることで、脳にその情報が送られるようになっています。

そして、嗅覚器にある嗅神経を通ることで、大脳底部にある嗅球にその情報が届きます。情報が届いた後は、大脳皮質にある嗅覚野でにおいを判断するのです。

嗅覚の大切な役割

野生の動物の嗅覚は主に3つの役割を果たすために発達していますが、人間の嗅覚も同じ役割を果たします。

その役割の1つが危険予知です。生命に危険を及ぼすものをにおいとして探知することで、身の危険を回避する役割を担っています。

2つめが食料探知で、口にしたことのある食べ物を、過去の記憶から確認して探し出したり、空腹を満たすためにも必要のない食べ物を検知したりする大切な役割を持っています。

3つめが異性探知で、体臭などで確認することで異性を探すという役割があります。また、人の嗅覚はコミュニケーションツールの1つとして、さらには人の生活に潤いを与えるという役割も果たし、花やハーブ、アロマなどの様々な香りが使われています。

嗅覚による記憶や感情の喚起

嗅覚による記憶や感情の喚起

様々なにおいは人の脳に強く残り、過去の記憶を思い出させてくれます。嗅覚は、五感の中でも大脳新皮質を経由しない唯一の感覚であり、大脳辺緑系の第一次嗅覚野に直接信号が送られます。

第一次嗅覚野は、記憶を司る海馬に繋がる内嗅皮質と隣り合った場所にあり、嗅覚が刺激されると記憶が強く呼び起こされます。

そのため、嗅覚による記憶は視覚的な記憶と比べると、記憶が薄れにくいと言われているのです。

また、嗅覚は過去の記憶を思い出させてくれるだけでなく、感情まで呼び覚ますことがあります。それはにおいの情報を処理する場所が、感情を司る大脳辺緑系と同じ場所にあり、そこに刺激されるためです。

当社は一般的な消臭剤とは異なった無臭消臭をする製品を販売している会社です。当社で取り扱っている無臭消臭の消臭剤は衣類キッチン、自家用車、ペット用など幅広い分野で活躍します。

また、洗濯物の生乾きのにおいにもご使用いただけて、ミネラル水によって使用するため安全です。無臭消臭できる強力な消臭剤をお探しであれば、当社をご利用ください。