強力消臭剤・消臭衛生剤・万能洗剤・万能消臭剤・無臭消臭剤 衣類用・育児介護にも使える優しい消臭剤・ばね指 治療 通販

新しいもの開発のネットメロン有限会社 マジックカール

枕は毎日のように使うため、汚れや臭いがついてしまいます。枕に臭いがついてしまう原因は様々です。

日々の生活習慣による皮脂や汗

日々の生活習慣による皮脂や汗

人は動いているときだけでなく、眠っている間も汗をかきます。汗は本来臭いを発するものではないのですが、枕に汗が染みこむことで、そこに雑菌が集まります。

雑菌はその汗や皮脂を栄養にしてそこで増殖するため、枕に嫌な臭いがついてしまう主な原因となってしまうのです。

また、生活習慣によって汗や皮脂が過剰に分泌してしまうことも、枕に臭いがついてしまうことに繋がります。就寝前にタバコを吸う方や、毎日のようにお酒を飲む方は注意が必要です。

タバコは活性酸素を発生させることで、頭皮の皮脂の酸化を促してしまいます。
それによって皮脂が分解されて、枕の臭いの原因となってしまうのです。

一方、毎日お酒を飲む生活を続けていると、肝臓に負担がかかってしまいます。
肝臓が弱まると、皮脂の分泌を促す役割を担う黄体ホルモンを壊してしまい、過剰に皮脂を分泌させてしまいます。その結果、枕に皮脂が付着し、臭いを発生させてしまうのです。

体臭と加齢臭

体臭と加齢臭

体臭はストレスによって影響してしまいます。ストレスが溜まると、ホルモンが活発になり毛穴から皮脂を多く分泌してしまうため、ストレスを発散できないまま眠ると、それが枕の臭いに繋がってしまいます。

それを防ぐためにも、普段から軽い運動や好きなことをして、ストレスを溜めないようにすることが大切です。

また、加齢臭による皮脂や汗の分泌量の増加も、枕が臭ってしまうことと深く関係しています。

頭部は加齢臭が多く出る部位で、毎日のように枕を使うと、臭いが染みついてしまいます。一般的に40歳前後から出始める加齢臭は、2つの物質が原因となっており、その1つがノネナールと呼ばれる、人の脂が酸化した臭いが特徴の物質です。ノネナールは若いうちに作り出せないことから、加齢臭と呼ばれています。

そしてもう1つの物質はジアセチルで、ミドル脂臭の原因となる物質です。
ジアセチルは、汗に含まれる乳酸が頭皮に存在するブドウ球菌によって分解されてしまうことで発生します。それらの物質が発生することによって、枕に臭いがついてしまうのです。

枕の臭いでお悩みでしたら、当社の消臭剤をお試しください。当社では家庭用・携帯用の消臭剤を販売しており、ミネラル水を利用している消臭剤なので安心安全に使用できます。ノーマルモードとターボモードに切り替えることができて、携帯用は持ち運びもスムーズで便利です。

また、当社で販売している消臭剤は・靴下・にも活用できて、リフレッシュするにはピッタリです。当社が自信を持ってご提供する携帯用消臭剤は、様々なシーンで活躍しますので、ぜひご利用ください。