強力消臭剤・消臭衛生剤・万能洗剤・万能消臭剤・無臭消臭剤 衣類用・育児介護にも使える優しい消臭剤・ばね指 治療 通販

新しいもの開発のネットメロン有限会社 マジックカール
洗濯物の洗い残しが臭いに影響する理由

普段通り洗濯をしているのに、洗濯物の臭いが気になってしまうことがあると思います。

その臭いの元となるのは、洗濯物の洗い残しによることも考えられます。なぜ洗濯物の洗い残しは、臭いに影響してしまうのでしょうか。

油汚れや皮脂汚れ

衣類やタオルに付着した食べ物の油汚れや皮脂汚れですが、水と油は相反するものであるため洗濯でそれらの汚れを全て取り除くのは難しいです。
よって、見た目は汚れが落ちているように見えても、繊維の奥に残ってしまうことがあります。

それらの汚れが酸化することによって、臭い物質の性質が変わってしまい、独特の嫌な臭いを発するようになるのです。それだけに限らず、時間が経つことで汚れが固まり頑固なシミになってしまいます。そのままにしておくと、シミは取れにくくなり、臭いもこもってしまいます。

このように汚れがついたまま部屋干しをしてしまうと、生乾きの臭いにも繋がるため注意が必要です。嫌な臭いを防ぐためにも、熱湯で下洗いをするなどの工夫をしましょう。

洗濯物を詰めすぎている

洗濯物を詰めすぎている

汗や汚れがついた衣類やタオルは、なるべく早く洗濯したいという方も多いと思います。

しかし、大容量の洗濯機でも洗濯物を詰めすぎてしまっては、洗浄力が落ちてしまいます。

洗浄力が落ちると十分に洗うことができず、洗濯物の洗い残しが出てしまいます。それによって雑菌が繁殖しやすくなり、生乾きの嫌な臭いに繋がるのです。

洗濯をする際は、洗濯物がたくさんあっても適度な量を心がけることが大切です。洗濯物が多い場合は、洗濯槽の6~7割ほどの量まで詰めるようにしましょう。

洗剤の量が少ない

洗濯物の洗い残しや臭い残りは、洗剤の量の少なさにも影響してきます。
洗剤の量が少ないと、水洗いしているのとそれほど変わらないため、汚れを落とすことが難しくなり、臭いも残ったままになるのです。

とはいえ、洗剤を入れすぎてしまうのは好ましくありません。洗剤を入れすぎても洗浄力に大差はないばかりか、すすぎの回数が増えてしまうため、ムダになってしまいます。洗濯物を生乾きの臭いに繋げないためにも、適切な量の洗剤で洗濯をするようにしましょう。

洗濯物の嫌な臭いにお悩みの方は、当社で取り扱っている強力消臭剤をお試しください。当社で取り扱っている消臭剤は、ノーマルモードとターボモードに切り替えることができて、必要に応じて使い分けることができます。

ターボモードを活用すると臭いを洗う強力消臭剤となって、臭いの元を取り除き、汗を吸っても臭わない衣類に仕上がります。また、ミネラル水を生成するため安全性も高く、様々な場所に吹きつけることができます。

自家用ペットシート、タバコが染みついた壁、蒸れてしまったなど、幅広くご活用いただけます。臭いの元を根本的に取り除くためにも、ぜひ強力消臭剤のパワーを体感してください。